Dear Photo

北海道の風景写真

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

桜の函館~後編 

bP5127124.jpg

今回の函館のテーマは 桜と・・電車。

(自宅にて・・・電車をどこで撮るか計画を練る)
せっかく春なので桜と一緒に撮りたいな~と思い、
電車通り沿いに桜が咲いているところがあるかどうか、ネットで探す。
私が見つけた画像はたった1枚。走る電車の横に桜の木がある。
写真の下に「昭和橋」と記されている。
地図で昭和橋を探す。この川の堤防に桜の木がありそうだ。
並木になっているのかも。どっち方角から撮ったのかわからないけど、
日の当たり方からして北向きかな・・・と、色々推理して、だいたいのポイントを絞った。
その見当があってるのかどうか、行って見るまでわからない。

昭和橋は函館駅から五稜郭へ行く途中です。
なので、もちろん朝の電車の中からチェック!
初めて乗る路線です。
見逃してはならないと、瞬きもしないでキョロキョロドキドキ。
次、昭和橋だ・・道路の両脇の街並みが一瞬途切れて、パッと視界が広がる。
たくさんの 淡いピンクが 眩しい。
満開の桜です!川のこっちにもあっちにも桜が咲いている!!
やった!やっぱりここから撮ったんだ♪
予想以上の光景に感激!
電車はあっという間に 短い昭和橋を渡り、また街並みの中へ戻る。
昭和橋をあんなに喜んで渡ったのは、日本中で私だけかもしれません。
ということで、午後の予定は電車撮影なのです。

昭和橋の堤防には道路のすぐ脇まで桜の木がありました。
一番前の木の下で、次々と通る電車を撮影。

函館の人は親切です。
信号待ちの車が 停止線の手前で車を止めて ワザワザ顔を出して
「前まで行ったら邪魔かい?」って声をかけてくれるんです。
いいえ。全然邪魔じゃないです。(お邪魔してるのは私です。すみません)

そろそろ来るはずのハイカラ号が 現れません。
ハイカラ号は一台しかないのでなかなか見ることはできません。
運行時刻が変わったのかな~。しばらく待っても来ないのであきらめて帰ることに。
綺麗な電車がたくさん撮れたから、よしとしよう!
駅へ向かう電車に乗り込む。
やれやれ・・と空いている座席に座って何気なく進行方向を見る・・・と、こちらへ向かってくる電車は!
ハイカラ号!( ̄ロ ̄lll 絶句。(また気絶しました)
もうちょっと我慢して待っていれば良かったのに!がっかりです。

でも、今来たということはこのハイカラ号は五稜郭で折り返してドック方面へ行くはずです。
よし、末広町で待っていよう。
末広町へ先回りして、金森洋物店のレトロな建物と一緒に撮ることに決めました。
かなり逆光だけど、がんばってよ!とカメラ君を励ます。
どうか車が通りませんように!
走る電車を撮るんですから1発勝負です。

こうして、ハイカラ号の写真がやっと一枚撮れたのです。C=(^◇^ ;
(写真の出来は二の次です)


もう少し予定していた撮影ポイントもありましたが
朝はあんなに青空だったのにだんだん曇ってきました。
何を撮ってもどんよりして見えます。
空がダメなので、下を見て歩いていると、こんな かわいいマンホールを見つけました。
nikki6s.jpg


17:30 札幌行き 高速はこだて号に乗る。また左側の席。
帰りのバスのカーテンは開いています。
ゆったりシートに、ぐったりと倒れこむと、もう動けません。
長い、長い一日でした。
バスに揺られ、森町の森に沈む夕陽を眺めながら・・いつの間にか夢の中へ。

今回ほど 浮き沈みの激しい旅は ないかもしれません。
ラッキーだったり、ドジだったり、感激したり、残念だったり。
いろいろあって、すごく面白かったけど・・・
満足できない 旅でした。
だから、また行きたくなるんですね。 今度こそ!って。

函館の路面電車
もうひとつの静かな函館

高速はこだて号(札幌⇔函館往復) 8,340円
函館市電 一日乗車券        600円
バス (函館駅前⇔トラピスチヌ入口)560円
五稜郭タワー展望チケット(割引)  760円
trackback: -- | comment: 0 | edit

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。